スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画「チャーリーとチョコレート工場」

こんにちは!ヒロヤスです。

今日は10月31日、最近日本でもすっかり定着したハロウィンの日ですね。
一昨日の土曜日に、我が家の近所でもハロウィンパレードが行われ、私も娘と一緒に仮装して参加してきました!
お姫様やらオオカミ男やらがゾロゾロと練り歩き、最後はお楽しみのお菓子です。
「トリック、オア、トリート!!」の合言葉でもらえるお菓子に娘はおおはしゃぎ。
お菓子のパワーってすごいですね。

そんなお菓子をテーマにした映画の中で、私の大好きなものがあります。
それは、ジョニーデップ主演の「チャーリーとチョコレート工場」です。
こちらの映画、私は公開中に地方の映画館で見たのですが、一部映画館では、実際に館内にチョコレートの香りが流れる演出で話題になりました。
その演出の際に使用された放香器が、プロモツールの香りブランドである、アロマトリックスの製品だったんですね。
入社の際の面接で聞いてびっくり!大好きな映画の演出に携わった会社だったんですね~(輝)という感じでした。

原作はロアルド・ダール(←サイト可愛いです!)の児童文学小説『チョコレート工場の秘密』という題なのですが、もちろんこちらも読みました。
私が子供の頃に、近所の文化会館で同じ原作を映画化したもの『夢のチョコレート工場』の上映を観て、この物語の大ファンになり、親に頼んで本を買って貰い、大切に読んでいました。

チョコレートの川、砂糖菓子の草花、フルコースを味わえるガム、どれをとっても夢のよう。
映画を観ただけで、本当に甘い香りが漂ってきそうですね。

「チャーリーとチョコレート工場」はサントラも最高です。
あの音楽を聴くと、ウンパルンパたちのコミカルなダンスが目に浮かんできます。

視覚、聴覚、(映画館では)嗅覚と、感覚を刺激する傑作を是非みなさんも観てみて下さいね。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。