スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

良い香りは、人を寛大にさせる!?

こんにちは!ヒロヤスです。
久しぶりの更新になってしまいました。

秋も深まり読書の秋、ということでもないですが、最近なんだか知的探究心を刺激されています(笑)
海外の会社のブログから、香りに関する面白い記事を見つけたので、内容を一部ご紹介したいと思います。
もちろん訳したのは、私ではないですよ~(笑)

Brigham Young大学の教授の指揮によりまもなく公表される研究によると、人は、清潔な匂いのする環境の中では無意識のうちに普段より寛大で公正になるとされている。

なんでもシトラスの香りをひと吹きするだけで効果があるようです。

研究者らは、このことは規則を強化するために 従来の監視や警備策に頼ってきた職場や小売店などに意味があるという。
「企業は時に、品行を規制するために強引な介入をするが、これは案外費用がかかり抑圧的です。」


良い香りを嗅ぐことで、快適に仕事ができたらみんな品行方正になるという事でしょうか。
これは家庭においても言える事らしく、

「我々の子供たちに自分の部屋を片付けさせることは、彼らの行いもきれいにさせることなのです。」

これは早速部屋の掃除をしなければなりませんね(笑)
これらを証明する為に、おもしろい実験が行われたようです。

【公正さを診断する実験1】
清潔な香りは相互関係を高めるかどうかというテストで、参加者にはtrust game(信用ゲーム)をしてもらいました。
① 被験者は12ドルと言う実際のお金を受け取ります。
② このお金は、別部屋にいる匿名のパートナーから贈られたものだという設定になっています。
③ 被験者は、そのうちのいくらを受け取る またはその(別部屋の)パートナーにいくら返却するかを決めなければなりません。
④ パートナーらは、被験者が公平に半分に分けると信じています。


現時点(2011/10/18)での外国為替換算は、1ドルあたり76.81円(YAHOO!ファイナンス調べ)なので、12ドルというと、日本円で約922円ですね。
う~ん … 私だったらパートナーにいくら返却するかな~。
ふって湧いたお小遣いでランチを食べるとして、ランチ代が840円だったら、返却分は82円ですね。
でも100円も返せないなら、全額貰っちゃうかも!?

そんな事を考えながら読み進めると・・・

清潔な臭いの部屋の被験者は、パートナーへの信頼につけ込むことはあまりなく、受領額の大部分を返却しました。
ええ~!大部分!?貰ったお金使わないのかな。
でも私、今無臭の環境で考えているので、シトラスの香りがしていれば、もちろん大部分を返却できるんですけどね(汗)。

無香の部屋の被験者が返却した金額の平均は2.81ドルでしたが、清潔な香りの部屋の被験者は平均5.33ドルを返却しました。
すごい!無臭の部屋にいる被験者に比べ、清潔な香りの部屋の被験者は倍近くの金額を返却していますね。
他の実験ではどうでしょう。

【清潔な香りは寛容な振る舞いを促すかどうかを診断する実験2】
① 被験者は、学内組織であるHabitat for Humanityでのボランティア活動や献金に興味を示している。
② Windexの臭いの部屋の参加者、無香の部屋の参加者よりボランティアに興味を示した(7段階評価で4.21ポイント)。これに対して無香の部屋の参加者は7段階評価で3.29ポイント。
③ Windexの香りの部屋の参加者の22%が献金をしたいと考えたのに対し、無香の部屋の参加者はその6%だった。


ボランティアや献金活動に対して、積極的な姿勢を示していますね。

香りが人に安らぎを与えたりするイメージは以前から私の中にありましたが、道徳的な気持ちを高めるのにも効果があるんですね。
私もなるべく生活に香りを取り入れ、公正で寛容な人間を目指したいと思います。
娘と一緒に香りを嗅げば、私がカミナリを落としちゃう回数も、少しは減るかもしれませんね(笑)


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。