スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画「チャーリーとチョコレート工場」

こんにちは!ヒロヤスです。

今日は10月31日、最近日本でもすっかり定着したハロウィンの日ですね。
一昨日の土曜日に、我が家の近所でもハロウィンパレードが行われ、私も娘と一緒に仮装して参加してきました!
お姫様やらオオカミ男やらがゾロゾロと練り歩き、最後はお楽しみのお菓子です。
「トリック、オア、トリート!!」の合言葉でもらえるお菓子に娘はおおはしゃぎ。
お菓子のパワーってすごいですね。

そんなお菓子をテーマにした映画の中で、私の大好きなものがあります。
それは、ジョニーデップ主演の「チャーリーとチョコレート工場」です。
こちらの映画、私は公開中に地方の映画館で見たのですが、一部映画館では、実際に館内にチョコレートの香りが流れる演出で話題になりました。
その演出の際に使用された放香器が、プロモツールの香りブランドである、アロマトリックスの製品だったんですね。
入社の際の面接で聞いてびっくり!大好きな映画の演出に携わった会社だったんですね~(輝)という感じでした。

原作はロアルド・ダール(←サイト可愛いです!)の児童文学小説『チョコレート工場の秘密』という題なのですが、もちろんこちらも読みました。
私が子供の頃に、近所の文化会館で同じ原作を映画化したもの『夢のチョコレート工場』の上映を観て、この物語の大ファンになり、親に頼んで本を買って貰い、大切に読んでいました。

チョコレートの川、砂糖菓子の草花、フルコースを味わえるガム、どれをとっても夢のよう。
映画を観ただけで、本当に甘い香りが漂ってきそうですね。

「チャーリーとチョコレート工場」はサントラも最高です。
あの音楽を聴くと、ウンパルンパたちのコミカルなダンスが目に浮かんできます。

視覚、聴覚、(映画館では)嗅覚と、感覚を刺激する傑作を是非みなさんも観てみて下さいね。

スポンサーサイト

良い香りは、人を寛大にさせる!?

こんにちは!ヒロヤスです。
久しぶりの更新になってしまいました。

秋も深まり読書の秋、ということでもないですが、最近なんだか知的探究心を刺激されています(笑)
海外の会社のブログから、香りに関する面白い記事を見つけたので、内容を一部ご紹介したいと思います。
もちろん訳したのは、私ではないですよ~(笑)

Brigham Young大学の教授の指揮によりまもなく公表される研究によると、人は、清潔な匂いのする環境の中では無意識のうちに普段より寛大で公正になるとされている。

なんでもシトラスの香りをひと吹きするだけで効果があるようです。

研究者らは、このことは規則を強化するために 従来の監視や警備策に頼ってきた職場や小売店などに意味があるという。
「企業は時に、品行を規制するために強引な介入をするが、これは案外費用がかかり抑圧的です。」


良い香りを嗅ぐことで、快適に仕事ができたらみんな品行方正になるという事でしょうか。
これは家庭においても言える事らしく、

「我々の子供たちに自分の部屋を片付けさせることは、彼らの行いもきれいにさせることなのです。」

これは早速部屋の掃除をしなければなりませんね(笑)
これらを証明する為に、おもしろい実験が行われたようです。

【公正さを診断する実験1】
清潔な香りは相互関係を高めるかどうかというテストで、参加者にはtrust game(信用ゲーム)をしてもらいました。
① 被験者は12ドルと言う実際のお金を受け取ります。
② このお金は、別部屋にいる匿名のパートナーから贈られたものだという設定になっています。
③ 被験者は、そのうちのいくらを受け取る またはその(別部屋の)パートナーにいくら返却するかを決めなければなりません。
④ パートナーらは、被験者が公平に半分に分けると信じています。


現時点(2011/10/18)での外国為替換算は、1ドルあたり76.81円(YAHOO!ファイナンス調べ)なので、12ドルというと、日本円で約922円ですね。
う~ん … 私だったらパートナーにいくら返却するかな~。
ふって湧いたお小遣いでランチを食べるとして、ランチ代が840円だったら、返却分は82円ですね。
でも100円も返せないなら、全額貰っちゃうかも!?

そんな事を考えながら読み進めると・・・

清潔な臭いの部屋の被験者は、パートナーへの信頼につけ込むことはあまりなく、受領額の大部分を返却しました。
ええ~!大部分!?貰ったお金使わないのかな。
でも私、今無臭の環境で考えているので、シトラスの香りがしていれば、もちろん大部分を返却できるんですけどね(汗)。

無香の部屋の被験者が返却した金額の平均は2.81ドルでしたが、清潔な香りの部屋の被験者は平均5.33ドルを返却しました。
すごい!無臭の部屋にいる被験者に比べ、清潔な香りの部屋の被験者は倍近くの金額を返却していますね。
他の実験ではどうでしょう。

【清潔な香りは寛容な振る舞いを促すかどうかを診断する実験2】
① 被験者は、学内組織であるHabitat for Humanityでのボランティア活動や献金に興味を示している。
② Windexの臭いの部屋の参加者、無香の部屋の参加者よりボランティアに興味を示した(7段階評価で4.21ポイント)。これに対して無香の部屋の参加者は7段階評価で3.29ポイント。
③ Windexの香りの部屋の参加者の22%が献金をしたいと考えたのに対し、無香の部屋の参加者はその6%だった。


ボランティアや献金活動に対して、積極的な姿勢を示していますね。

香りが人に安らぎを与えたりするイメージは以前から私の中にありましたが、道徳的な気持ちを高めるのにも効果があるんですね。
私もなるべく生活に香りを取り入れ、公正で寛容な人間を目指したいと思います。
娘と一緒に香りを嗅げば、私がカミナリを落としちゃう回数も、少しは減るかもしれませんね(笑)


癒される香り

こんにちは!ヒロヤスです。
仕事に家事に子育てに、とあわただしく生活する毎日ですが、ふとゆったりと癒されてみたいな~と思う時があります。

たまにはファミリーレストランじゃなくて、おしゃれなカフェでコーヒーを飲みたい。
都会の喧騒を離れて、奥深い山々に囲まれたい。
ささやかな事ですが、3歳児を持つ身としては、すぐの実現はなかなか難しい事なのです。
自宅でアロマテラピーなら手軽にできるかな?と思い、癒される香りを調べてみました。
ネットで検索したところ、「癒される香り」の男女別の統計結果を掲載した記事を見つけました。
最近発見した、「kwout」という機能を使って引用してみますね。



具体的にどんな香りに癒やされるのか、12種類の香りを選択肢にして、一番癒やされる香りを聞いたそうです。
中でも最も多かったのは「ラベンダーの香り」、次いで「コーヒーの香り」、「緑の香り」、「木の香り」等と続きます。
男女別に見ると、男性のトップ3は
1、「コーヒーの香り」
2、「緑の香り」
3、「木の香り」

一方、女性のトップ3は
1、「ラベンダーの香り」
2、「バラの香り」
3、「コーヒーの香り」
と好みが分かれたそうです。

男性はグリーン系の香り、女性はフローラル系の香りが人気ですね。

私もたまにはお花屋さんで、自宅用にバラの花なんかを買い、丁寧に入れたコーヒーをゆっくり飲んでみようと思います。


福岡YAHOO!JAPANドームに香りの広告出現!

こんにちは!ヒロヤスです。

八月にさしかかり、夏本番!夏休み中の子供たちを羨ましく眺める日々です。
近所のグラウンドでは、野球少年たちが毎日汗を流しながら練習しています。
この中から、将来プロの選手がでたりするのかな~なんて考えていると、見ている方もなぜか熱が入ってしまいますね。

プロ野球・福岡ソフトバンクホークスの本拠地「福岡YAHOO!JAPANドーム」では、夏休みにホークスの選手と触れ合えるイベント“2011SoftBank HAWKSチャリティトークショー「ロッカールーム 夏休みスペシャル」”を開催しています。
野球少年たちにとっては、夏の良い思い出になる、素敵なイベントですね。

その福岡ドームのコンコースに、“香り”と“サブメディア”を組み合わせた大型広告が設置されました。

福岡ドーム広告

サブメディアとは、レンズの奥に連続したいくつもの静止画を配し、見る人がその前を通過すると、静止画が次々と目に入って、まるで動画のように見えるというもの。
サブメディアによる演出と、プロモツールの放香器「セントONE」による香りの演出で、インパクト溢れる広告になっています。
これは「(皆を)元気にする香り」が、優勝に向かって快進撃を続けるホークスのイメージに合うとして採用されたもので、「サブメディア」に映るホークス選手のダイナミックな動画と、勝利をイメージした香りで“VICTORY(勝利)”の新しい世界観を表現しているそうです。

勝利をイメージした香りなんて、嗅いだら元気が沸いてきそうですね。
私も夏バテに負けないよう、リポビタンDを飲んで、お仕事がんばりたいと思います!
「ファイトイッパーツ!」

脳科学からみたカレーの可能性

こんにちは!ヒロヤスです。
毎年夏になると、「暑くて食欲がなくて・・・」なんて言葉を耳にしますが、
私の食欲は、相変わらず絶好調です(笑)

夏は冷たいそうめんなんかもいいですが、辛~いカレーも美味しいですよね。
そんな季節に、「カレー再発見フォーラム」なるものが開催されたそうです。

1999年に発足されたイベントで、記念すべき第10回目の今回は、脳科学者の茂木健一郎さんが講演しました。
この講演で茂木さんは、脳とカレーの関係性を調べた実験結果をもとに話を進め、カレーが脳に与える影響について言及。
茂木さんはカレーに含まれているスパイスに注目され、カレーのにおいを嗅ぐと脳が活性化するという結果を発表されました。
なんと「カレーを食べた人はIQ(知能指数)が7上がる」そうです!!
カレーってすごい!
カレーを単に食べるだけでなく、香りを嗅いで食べた時に、“脳の司令塔”とも言える“背外側前頭前皮質”という部位の活動が活発になったという研究結果を発表しました。
この“背外側前頭前皮質”が活発になると、集中力をアップさせたり作業の効率を上げたりするそうです。
会社のランチでカレーを食べたら、午後の仕事がはかっどちゃうわけですね!?

そういえば、少し前に楽天の田中将大選手が「めざめるカラダ朝カレー」のCMをやっていましたね。
その時は「朝からカレーってちょっと重いなぁ」なんて思っていたんですが、朝イチでスパイスを摂取したら、まさにめざめるカラダになりそうですね!

なんと朝カレーダイエットなるものもあるみたいですよ。
あのイチロー選手も実行しているらしく(ダイエットの為かはわかりませんが・・・)、朝食にカレーを食べることで、脳や体の交感神経にスイッチが入り、朝からやる気がわいてくるそうです。
スパイスの力って偉大ですね。

カレーの匂いは食欲をそそるだけでなく、人を元気に活性化させてくれるんですね。





香り 演出
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。